教育ソリューション12月21日(土)13:00〜14:30〈202
12月22日(日)10:00〜11:30〈203

グローバル化ツール「やさしい日本語」
~日本語でインターナショナルスクール体験!~


株式会社aileron(エルロン)
石川陽子、竹丸勇二、内藤友彰
東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル3F
https://www.aileron-jl.website/
ask@aileron-jl.com
080-7123-2441

今、日本には273万人の外国人が住んでいます。
このうち、日本で働く外国人は146万人です。日本で生活する中で、外国人に会わない日はありません。
学校や職場、隣近所の外国人と、みなさんなら何語で話しますか?
「英語!」じゃなくていいんです。日本語でコミュニケーションできます。
弊社では、グルーバル化ツールとして「やさしい日本語」を推奨しています。
「『やさしい日本語』って何?」「外国人と話すのに、本当に日本語でいいの?」
私たちの体験教室で、試してみてください。
日本語でのインターナショナルスクール体験を是非!

教育ソリューション12月21日(土)15:00〜16:45〈202

スマホ持ち込みOK入試の登場~学びのOSを考え直す


唐澤博(浦和実業高校・中学教諭)
難波俊樹(ミラコン実行委員)

シンギュラリティ以前にこれだけタブレット・スマホなどの普及が進み、学びの基本はこれまでのものと大きく異なっています。
中学入試でも「スマホで調べ放題」の入試が導入されたり、電子辞書もスマホアプリに呑みこまれていく中、新しい学びの実践について登壇者が報告し、参加者とディスカッションを行いたいと思います。


教育ソリューション12月21日(土)10:00〜11:45〈203

令和時代・職場づくりの新常識!
組織を活性化させるコミュニケーション術とは


株式会社HRトリガー
取締役 秋葉佳宏




メディアでも取り上げられている職員同士のいじめ事件など、様々な問題が職場で起こっています。
今回の講義ではそれらの問題を解決するためのコミュニケーション手法や円滑な人間関係を形成するためのテクニックの一部を公開いたします。
形式:
講義形式もしくはグループワーク(1グループ4~6名)
プログラムの流れ:
講師紹介・概要説明
ビジネスゲーム-価値観の多様性-
コミュニケーションの基礎
ソーシャルスタイルの概要

教育ソリューション12月21日(土)13:00〜14:45〈203

映画字幕選手権大会(字幕甲子園)について
〜映画字幕で英語授業が10倍楽しくなる〜






唐澤博
(浦和実業学園中学校・浦和実業高等学校教諭、アクティブ・ラーニング学会理事、一般社団法人 国際エデュテイメント協会理事)

光藤京子
(異文化コンサルタント)

中学、高校の英語の授業は、教材を工夫することで、より楽しく、実り豊かなものになります。生徒を惹きつけるエンターテインメント性を持つ映画は、教材としての活用範囲が広いコンテンツです。
このセミナーでは、唐澤博さんに、中学・高校の英語の授業で教材としての映画がどのように活用できるかを、学校現場のお立場からお話いただきます。その話を受けて、元通訳、翻訳者であり、また翻訳や字幕の研究を続けてきた光藤京子さんに、教材としての字幕の活用事例を、ご自身の大学での授業経験を中心にご紹介いただきます。
「字幕」を題材の一つとして、主体的な学びや探究学習に関心のある方々のご来場もお待ちしております。

教育ソリューション12月21日(土)15:30〜16:30〈203


(講演者調整中)

プロジェクトマネジメント検定協会理事

探究学習やPBLでは、課題発見やその考察だけでなく、解決方法の提案や可能であれば実行が求められます。そこで必要なのは「考える力」と「実行」あるいは「実現」するためのスキルです。アメリカのアポロ計画に端を発するプロジェクトマネジメント(PM)は、課題を実現するためのプロセスをチームで共有し、目指す成果を得るためのスキルです。SDGsに関連する課題についてのワークショップを行い、最後にそれに関する「考える力」の養成に向けたPM検定の思考力型問題を解きます。

プロジェクトマネジメント検定協会
理事長:光藤昭男(前日本プロジェクトマネジメント協会理事長)
教育現場でのPBLを円滑に進めるスキルとしてプロジェクトマネジメントの普及を図り、生徒・学生がそれを社会に出て役立てていただくことを目指しています。


教育ソリューション12月21日(土)10:30〜12:00〈303
12月22日(日)10:30〜12:00〈303

アダプティブ英語能力判定テストとデジタル英図書練習ツール


ブラウン真由美

生徒が英語の本を読めないのは、一括授業で決まった教材だったり、興味内容や表紙、で選んだ本だから・・・でも、読解力に合った本を読めば誰でも読み進むことができ、英語力を飛躍的に伸ばします!


1、各生徒の英語力を瞬時に判定するオンラインのアダプティブ(適応型)テストをご案内します。各生徒の弱点レポートなどが教師の授業プランをサポートします。個に応じた指導は世界53000校の小中学校で効果的に導入され、教師の負担減を証明。
2、デジタル英図書6000冊を無制限同時アクセスできる読書練習ツールをご案内いたします。各生徒はテスト結果に応じたレベルの中から好きな本を選んで読み進みます。英書の購入費を削減しつつ、すべての生徒に無限の可能性を。

**実際にサイトの体験をしていただけます。ご持参のタブレットで体験も可能です。**



教育ソリューション12月21日(土)15:00〜17:00〈204

【当日参加歓迎!】SDGs de 地方創生 カードゲーム体験



村瀬 真琴 (キノコ) @マッシュ&ルーム
システムエンジニア
キャリアコンサルタント
SDGs de 地方創生 公認ファシリテーター
未来の教育コンテンツEXPO実行委員
マッシュ&ルーム

SDGs de 地方創生 カードゲーム体験

【当日参加大歓迎です!】
peatix申込されてない方も、直接会場にお越しいただければご参加いただけます!
未来のコンテンツEXPOは一般受付にて無料で入場頂けます。その後会場へお越しください!

「SDGs de 地方創生」カードゲームとは?

「SDGs de 地方創生」とは、SDGsの考え方を地域の活性化に活かし、地方創生を実現する方法について参加者全員で対話し、考えるためのカードゲームです。

参加される皆さんは「人口数万人のとあるまち」に住んでいます。それぞれが行政(自治体)と住民(ソーシャルセクター)の役割にわかれ、カードに記載されている「現実世界と同様の様々なプロジェクト」を実行していきます。多様なプロジェクトの実行を通じ、どのようにしたら「持続可能なまち」にすることができるか?を体感できるカードゲームです。

SDGsに関する事前知識等はなくて問題ありません。
また、座学で何かを受講するスタイルのもではなく、カードゲームを楽しむスタイルのものとなります。

カードゲームを通じて

・地方創生がうまくいっているケースとそうでないケースの間にある違いは何か?
・実際にプロジェクトや行動をする上で障壁となっているものは何か?
・どのような意識や行動をすれば良いか?

など、参加者一人一人の行動変容を起こすきっかけを提供します。

こんな方にオススメ

・SDGsに興味がある方
・SDGsのゲームを体験してみたい方
・地域創生に興味がある方
・地域社会活動をされている方
・行政や教育関係の方
・普段の日常生活のヒントを得たい方
・面白そうだから体験してみたい方
・未来の教育コンテンツEXPOに参加される方
・未来の教育コンテンツEXPOに興味ある方

定員

20名(最小開催人数6名)

参加費

1,500円:【ミラコンチケット割】12/21日券 or 2日券(基調講演・シンポジウム参加券)をお持ちの方
2,500円:12/21日券 or 2日券(基調講演・シンポジウム参加券)をお持ちでない方

未来の教育コンテンツEXPOの基調講演・シンポジウム参加券は以下よりご購入頂けます。
https://miracon2019.peatix.com/

*未来の教育コンテンツEXPO自体は入場無料です。事前の申込みも不要です。
*未来の教育コンテンツEXPOの有料チケットでは本カードゲーム体験にはご参加頂けません。
*本カードゲーム体験にご参加頂くには、このpeatixにてチケットをご購入下さい。

タイムスケジュール

部屋:2F 204
14:50 開場
15:00〜17:00 導入・カードゲーム体験・振り返り
*ゲームルールの説明がありますので、遅くとも15時15分までにはお越し下さい。

メインファシリテーター

村瀬 真琴 (キノコ) @マッシュ&ルーム

翌日12/22(日)13時 – 17時

マッシュ&ルームは翌日12/22(日)13-17でもブースを出しますので
是非両日ともミラコンにお立ち寄り下さい!
部屋:2F 202
内容:大人も子供もワクワク!プログラミング体験&デジタルえほん体験
https://miracon.jpeca.jp/2019d/#mashandroom

教育ソリューション12月21日(土)13:00〜14:45〈205
12月22日(日)13:00〜14:45〈205

海外インターン体験による大学生、高校生の成長
株式会社スパイスアップ・アカデミア


・森山たつを(株式会社スパイスアップ・アカデミア代表取締役)
・鷲北貴史(東京経済大学教授)
・サムライカレープロジェクト参加学生


2週間の海外インターンシッププログラムを経験することによって、学生がどのように成長するかを、実例を元に解説します。
プログラムの内容と狙い、その効果を参加後のアンケートや就職内定実績などのエビデンスをつけて、説明します。
また、実際に参加し、テレビ局に内定を取った学生に、現地でどのようなことを行い、その後のキャリアにどのように役に立ったかをインタビューします。


教育ソリューション①12月21日(土)10:00〜12:00〈304
②12月21日(土)13:00~15:00〈304
③12月22日(日)10:00〜12:00〈304
④12月22日(日)13:00~15:30〈304
⑤12月22日(日)15:30~17:00〈304

①②社会課題解決ワークショップ~途上国編~
③社会課題解決ワークショップ~夢編~
④アフリカルチャーゲーム
⑤ピースビルディング・ワークショップ


アイ・シー・ネット株式会社
GEARs (グローバル教育推進室)
https://www.icnet.co.jp/

IC Netについて
IC Netは1993年に設⽴されたコンサルタント会社で、主に政府開発援助(ODA)を通じて、開発途上国の課題解決に取り組んできました。とくに教育・訓練、保健医療、⾏政能⼒などの分野での⼈的資源開発や技術援助を得意としており、世界150カ国での活動実績があります。近年は⽇本の⾼校や⼤学向けにグローバル⼈材育成プログラムを提供したり、⺠間企業の外進出⽀援やビジネスインキュベーションに取り組んでいます。
当社は開発コンサルティング企業として、より良い世界を拓くために、国内外で実践的なグローバル⼈材育成プログラムを提供しています。プログラムの特徴は、当社の新興国・途上国での経験・知⾒・ネットワークを⽤いた学びの創出。私たちの願いは、このようなプログラムを通して、現地に良いインパクトがあること、そして参加者がより良い世界をつくる⼈材として成⻑することです。
今回はそれらの特徴を生かしたプログラムを、ワークショップ形式で提供いたします。特に、探究学習/問題解決学習/プロジェクト学習/グローバル教育/平和学習にご関心のある方々に、ご参加頂き、一緒に学び合いの時間を持ち、それぞれの実践現場でのお取組みに、少しでも貢献できればと思っています。ご参加をお待ちしております。


〈ワークショップ〉「会場:304教室」「参加費無料」は全て共通です。
〇社会課題解決ワークショップ~途上国編~
12月21日(土)10:00〜12:00〈304〉
12月21日(土)13:00~15:00〈304〉

途上国のリアルな現状をインプットし、その解決⽅法を創出するワークショップです。今回題材とするのは、「パプアニューギニア独立国」の「教育問題」。オンゴーイングで現地の教育問題の解決に携わっている当社のコンサルタントが、パプアニューギニアについてお話しします。途上国の課題を起点に社会課題解決について考えることにご関心のある方にオススメです。

〇社会課題解決ワークショップ~夢編~
12月22日(日)10:00〜12:00〈304〉

夢を起点に社会課題解決について考える、バックキャスティング思考を活⽤したワークショップです。通常は、夢の実現のための具体的な⼿段まで落とし込みますが、今回は、夢の深掘りと夢と社会の繋がりについて考えるところまでを皆さんと一緒にいたします。自身の夢、その夢が社会にどのようなインパクトをもつのかを考えたい方にオススメです。

〇アフリカルチャーゲーム
12月22日(日)13:00〜15:30〈304〉

当社が保有する「アフリカルチャーゲーム」を使った体験型ワークショップです。途上国の課題をゲーム形式で体験し、課題が発⽣する仕組みや現地の⼈々のリアルを理解することができます。途上国の課題に共感し、より自分事にしたい方にオススメです。

〇ピースビルディング・ワークショップ
12月22日(日)15:30〜18:00〈304〉

「平和な世界ってどうやって作るの?」「自分は何ができるの?」
そのような生徒の正直な問いかけに戸惑った事はありませんか?本ワークショップでは、平和構築分野で活⽤されている草の根レベルの紛争解決の⼿法を使い、戦争、テロリズム等の問題だけでなく、いじめや多文化共生など生徒にとって身近なトピックを取り上げ、暴⼒が発⽣する構造を理解し、これらの問題に対して自分は何ができるのかを考えます。人対人の平和づくり(Peacebuilding)や持続可能な平和に関心のある方にオススメです。


教育ソリューション12月22日(日)13:00〜17:00〈202

大人も子供もワクワク!プログラミング体験&デジタルえほん体験


マッシュ&ルーム


https://mashandroom.org

(プログラミング教育)

2020年から始まる小学校でのプログラミング教育。何をどうしたらいいんだろう?スクラッチも聞いたことはあるけど。。
様々なプログラミングツールを自由にご体験いただく場です。入退室も自由ですのでフラっとお気軽にお立ち寄りください。
大人でも子供でもどなたでもウェルカム!

●体験ツール例(予定)
・Scratch(スクラッチ)
・micro:bit(マイクロビット)
・sphero mini(スフィロミニ)
・viscuit(ビスケット)
・MESH(メッシュ)
・blockly-games
・Ozobot(オゾボット)
・スマートスピーカー

●デジタルえほん体験
・これまでにないデジタルえほんです。
教育現場での活用方法を逆提案してください!

えぽん

教育ソリューション12月22日(日)13:30〜14:30〈203

新学習指導要領や大学入学共通テストで求められる「日本語リーディングリテラシー」数学編・国語編
(ELPAセミナー)


数学編:堤晋介(リーディングリテラシー研究会フェロー)
国語編:永田麗(河合塾ほか国語講師)※資料配布のみ
2020年から始まる新学習指導要領及び大学入学共通テストで求められる、これからの「日本語読解」のリテラシーについて、検証データを元に解説を行うセミナー。

教育ソリューション12月21日(土)10:00〜11:00〈202

大学進学における奨学金の現状と課題


葛西紘一

キャリア・アドバイザー研究所所長

大学進学に向けた奨学金のあり方が大きく変化しています。進路指導の現場における「奨学金」制度の現状と課題について、キャリア・アドバイザー研究所所長の葛西紘一が皆さんの疑問にお答えします。